野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平の新人王争いの行方はどうなる!? WARで見るライバルたちとの比較

大谷翔平の新人王争いの行方はどうなる!? WARで見るライバルたちとの比較

先ごろ、大谷翔平はシーズン終了とともにトミー・ジョン手術を受けて、2019年は投手としては全休、野手としてのみ出場すると発表された。これで大谷翔平の身の振り方は決まったわけだが、シーズン最終盤になって「新人王」の可能性が取りざたされるようになった。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

MLBの記録専門サイト「Baseball Reference」が発表するWAR数値

 先ごろ、大谷翔平はシーズン終了とともにトミー・ジョン手術を受けて、2019年は投手としては全休、野手としてのみ出場すると発表された。これで大谷翔平の身の振り方は決まったわけだが、シーズン最終盤になって「新人王」の可能性が取りざたされるようになった。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 大谷翔平を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

「二刀流」の大谷は、打席数、投球回数とも「一刀流」の選手よりも少なくなる。これが賞やタイトルには不利に働くと思われたが、投手が「休業」状態になり、打者としての出場が増えたこともあり、新人王の可能性が現実を帯びてきた。

 セイバーメトリクスにWAR(Wins Above Replacement)という指標がある。その選手が代替可能な選手に比べてどれくらい勝利を生み出すかの指標。攻撃、守備、投球面のあらゆる数字を加味して複雑な計算式で算出する。この数値が高いほど優秀な選手とされる。

 WARは投手や異なるポジションの野手も同一の基準で比較できるのが特色だ。MVPや新人王投票の重要な指標となっている。WARは数社が独自の計算式で算出しているが、MLBの記録専門サイト「Baseball Reference」が発表した今年のア・リーグの新人王有資格者のWARのランキングを見てみよう。

100試合以上出場した新人王有資格者のWARランキング

ウェンドル(レイズ) 4.4 (136試477打143安7本58点15盗 打率.300)
トーレス(ヤンキース) 3.0 (119試415打114安23本73点6盗 打率.275)
大谷翔平(エンゼルス) 2.7 (101試315打89安22本59点9盗 打率.283)
アンドゥハー(ヤンキース) 1.9 (145試556打164安26本87点2盗 打率.295)
カイナーファルファ(レンジャーズ) 1.6 (109試348打92安4本33点7盗 打率.264)
グッドラム(タイガース) 1.4 (127試428打103安16本49点12盗 打率.241)
ガズマン(レンジャーズ) 1.0 (119試376打89安16本57点1盗 打率.237)
ガーバー(ツインズ) 0.7 (100試293打76安7本39点0盗 打率.259)
パルカ(ホワイトソックス) 0.5 (120試404打96安27本66点2盗 打率.238)

 レイズの二塁手ウェンドルが1位、大谷は3位につけている。最多の26本塁打を打っているヤンキースのアンドゥハーは4位。アンドゥハーは三塁手だが、15失策と守備に難がある。このため攻撃面のWAR(oWAR)は4.3だが守備面のWAR(dWAR)が-2.2。合算してこの数字になっている。

 大谷はDHで守備には就かない。このこともあって、WARが高くなっている。エンゼルスは27日時点で残り3試合だが、活躍すればWARは積みあがる余地がさらにある。ただ、野手のWARだけを見れば、大谷は3、4番手というところだ。しかし、大谷には投手のWARの加算が考えられる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」