野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテが本拠地10連敗…ベテラン石川炎上に井口監督「らしい投げっぷりがない」

ロッテは29日のオリックス戦(ZOZOマリン)に1-7で敗れ、本拠地10連敗を喫した。

ロッテ・井口監督【写真:荒川祐史】
ロッテ・井口監督【写真:荒川祐史】

5番起用のルーキー安田は4三振「次回対戦した時にどう考えていくか」

■オリックス 7-1 ロッテ(29日・ZOZOマリン)

【動画】メジャーも注目? パを代表する強打者“超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える爽快特大弾

 ロッテは29日のオリックス戦(ZOZOマリン)に1-7で敗れ、本拠地10連敗を喫した。

 オリックスの先発・山岡を相手に、2回に井上が22号ソロを放ったが、その1点のみ。井口監督は「真っすぐを打ち損じている。1年間(チームの)課題にしてきたこと」と苦言を呈した。

 先発の石川は初回に4失点を喫した。指揮官は「石川らしい投げっぷりがない。何を考えて投げているのか。調子のいい悪いはあるが、チームの軸になる投手。真っすぐは走っていなくて、かわそうとしていた」と手厳しかった。

 2試合連続でクリーンアップの「5番・DH」で起用したルーキー安田は、山岡のチェンジアップと縦に変化するスライダーに苦しみ、4打席連続三振に倒れた。「いいピッチャーを、いつも打てるわけではない。自分で考えて、次回対戦した時にどう考えていくか」と、指揮官は残り少ないシーズンでの経験を、来季の糧にしてほしいと願っていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」