野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ二木1か月半ぶり白星なるか 30日ホークス戦先発「いい形で終わりたい」

1か月半も白星から遠ざかっているロッテ二木康太投手が、30日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)に先発する。

ロッテ・二木康太【写真:荒川祐史】
ロッテ・二木康太【写真:荒川祐史】

9月は14回2/3で12失点、防御率7.36と不振

■ソフトバンク – ロッテ(30日・ヤフオクドーム)

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 1か月半も白星から遠ざかっているロッテ二木康太投手が、30日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)に先発する。

 8月17日の楽天戦は9回完封で今季3勝目を挙げた。その後、8月24日のオリックス戦から5試合先発したが、その間は0勝3敗と白星に見放された。9月は3試合に先発したが14回2/3を投げ12失点、防御率は7.36と精彩を欠いた。

「頑張るしかない。(課題にして)やってきたことは色々あるが、マウンドに上がれば、とにかく自分の持っているものを出して投げ切るしかない。来年につなげるために、いい形で終わりたい」と、今回の先発にかける意気込みは大きい。

 昨シーズンまで2年連続で7勝9敗と、負けが先行しながらも安定感のある投球で、開幕前は涌井、石川に次ぐローテーションの軸と期待された。だが、不調で5月1日に登録を抹消され、2か月以上2軍落ち。今季は3勝6敗とチームに貢献できていないだけに、ソフトバンク戦への思いは強い。「台風が来てるし、試合ができることを祈るだけです」と意気込んでいた。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」