ともにヤクルト一筋 松岡健一、山本哲哉の今季限りでの現役引退を発表 

ヤクルト・松岡健一のこれまでの通算成績
ヤクルト・松岡健一のこれまでの通算成績

山本は9年、松岡は14年の現役引退をヤクルトで全う

 ヤクルトは30日、山本哲哉投手、松岡健一投手が今シーズン限りで現役を引退することになったと発表した。山本は9年、松岡は14年、ヤクルト一筋での現役生活を送った。

 山本は2009年のドラフト2位で三菱重工神戸からヤクルトに入団。通算227試合登板で6勝11敗14セーブ55ホールド、防御率3.07の成績を残している。今季登板は3試合となっていた。

 また、松岡は2004年の自由獲得枠で九州東海大からヤクルトに入団。通算490試合登板で32勝25敗4セーブ127ホールド、防御率3.78の成績を残した。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY