野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武・辻監督、歓喜の胴上げ! 8度宙を舞う 引退の松井稼も7度の胴上げ

西武が10年ぶり22度目の優勝を決めた。優勝マジックを1として、敵地・札幌ドームで日本ハム戦を戦った西武だったが、試合中に、マジック対象チームのソフトバンクがロッテにまさかの敗戦。西武も4-1で日本ハムに敗れたものの、長いシーズンを戦い抜いた末の10年ぶりのリーグ制覇に、歓喜の輪が出来上がった。

西武・辻監督【写真:荒川祐史】
西武・辻監督【写真:荒川祐史】

日本ハムに敗れるも、試合中にソフトバンクが敗れてV決定

 西武が10年ぶり22度目の優勝を決めた。優勝マジックを1として、敵地・札幌ドームで日本ハム戦を戦った西武だったが、試合中に、マジック対象チームのソフトバンクがロッテにまさかの敗戦。西武も4-1で日本ハムに敗れたものの、長いシーズンを戦い抜いた末の10年ぶりのリーグ制覇に、歓喜の輪が出来上がった。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 西武戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 前回優勝した2008年も札幌ドームで歓喜の瞬間を迎えていた西武。この時も西武は日本ハムに敗れながら、オリックスが楽天に敗れたことで優勝が決まっていた。まさに10年前の再現のようなV決定。就任2年目で、2008年以来のリーグ優勝に導いた辻発彦監督にとっても歓喜の胴上げに。1年間、辛く厳しい戦いをくぐり抜けてきた選手たちの手によって8度、宙を舞い、歓喜の瞬間を迎えた。

 また今季限りで現役を引退する松井稼頭央外野手も辻監督に続いて胴上げ。仲間たちの手によって7度宙を舞った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」