野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス福田、前日からの2打席連発にも反省ばかり「あとの3つが悔しい」

2日、本拠地ヤフオクドームで行われたロッテ戦に「2番・左翼」でスタメン出場したソフトバンクの福田秀平外野手。初回にいきなり2試合連続となる先制のソロ本塁打を放ってお立ち台にも上がったが、試合後は反省ばかりが口を突いた。

ソフトバンク・福田秀平【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・福田秀平【写真:藤浦一都】

初回の先制弾のあとは三振、三振、二ゴロに終わる

■ソフトバンク 4-2 ロッテ(2日・ヤフオクドーム)

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 2日、本拠地ヤフオクドームで行われたロッテ戦に「2番・左翼」でスタメン出場したソフトバンクの福田秀平外野手。初回にいきなり2試合連続となる先制のソロ本塁打を放ってお立ち台にも上がったが、試合後は反省ばかりが口を突いた。

 実に鮮やかな先制弾だった。ロッテ先発の種市篤暉が投じた初球のストレートを、ライナーで右翼ホームランテラス席に突き刺した。前日の代打本塁打に続く2打席連発の7号ソロだった。だが、その後の3打席は見逃し三振、空振り三振、二ゴロ。「あとの3つが悔しかった。本当にやられました」と唇を噛んだ。
 
「種市はフォークボールが良かったです。フォークを意識しているとまっすぐがきたり……。まっすぐをホームランにしたから、余計に考えてしまった。そんな思考ばかりが先にいって、鳥越さんに僕の性格を見透かされているようでした」と、かつて2軍監督として、コーチとしても指導してくれたロッテの鳥越裕介ヘッドコーチの存在を口にした。

「やっぱり集中力を保つことが大事。いつもは代打で1打席に集中できるんですけど、こうしてスタメンで使ってもらっても同じように集中できないとダメですね」と反省した福田。今後のクライマックスシリーズに向けて「僕は2010年にもベンチにいて、ロッテの下剋上を体験しています。今度は僕たちが絶対に下克上してみせるという強い気持ちをもってやっていくだけです」と、改めて気合を入れ直していた。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」