野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹が圧勝 ドラ2高橋礼が4回1安打 ロッテ大敗で大隣の引退登板飾れず

ソフトバンクが2桁安打の猛攻で圧勝した。3日、本拠地ヤフオクドームで行われたロッテ戦。初回にロッテ守備陣の乱れから一気に4点を先制すると、その後も打線が繋がり、次々と加点してリードを広げた。先発のドラフト2位ルーキー高橋礼は左足に打球を当てるアクシデントもあって4回で降板となったが、わずか1安打に抑える好投を見せ、CSに向けて明るい材料となった。

ロッテ戦に先発したソフトバンク・高橋礼【画像:(C)PLM】
ロッテ戦に先発したソフトバンク・高橋礼【画像:(C)PLM】

先発し打者1人に投げた大隣が敗戦投手に

■ソフトバンク 10-2 ロッテ(3日・ヤフオクドーム)

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクが2桁安打の猛攻で圧勝した。3日、本拠地ヤフオクドームで行われたロッテ戦。初回にロッテ守備陣の乱れから一気に4点を先制すると、その後も打線が繋がり、次々と加点してリードを広げた。先発のドラフト2位ルーキー高橋礼は左足に打球を当てるアクシデントもあって4回で降板となったが、わずか1安打に抑える好投を見せ、CSに向けて明るい材料となった。

 初回、この日が引退登板となった大隣から上林が右前安打を放って出塁。2番手の酒居から明石、中村晃が連続四球を選ぶと、柳田の一ゴロを安田が本塁へ悪送球。2人が生還すると、でスパイネ、グラシアルの内野ゴロでさらに2点を追加。わずか1安打で4点を奪った。

 5回には松田と西田に適時打が飛び出して3点を追加。6回にも中村晃、デスパイネがタイムリーを放って2桁得点とした。先発の高橋礼は3回先頭の鈴木に許した内野安打の1安打のみ。打球を左足に当てたこともあり4回で降板し、プロ初勝利とはならなかったが、CSに向けて好材料となる好投だった。

 ロッテはいいところなく敗戦した。この日が引退登板となった大隣のあとを受けた酒居が乱調。5安打4四球で6点を失い、5回途中でKO。4番手チェン・グァンユウも3点を失って大敗した。初回先制点につながる走者を出した大隣が敗戦投手となった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」