野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

広島、延長11回に鈴木がサヨナラタイムリー! 阪神は自力でのCS進出が消滅

広島は3日、本拠地での阪神戦を4-3でサヨナラ勝ち。延長11回2死一、二塁から鈴木が左翼線へサヨナラタイムリーを放ち試合を決めた。

広島対阪神の試合結果
広島対阪神の試合結果

延長11回1死一塁から鈴木が左翼線へサヨナラタイムリー

■広島 4-3 阪神(3日・マツダスタジアム)

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 広島は3日、本拠地での阪神戦を4-3でサヨナラ勝ち。延長11回2死一、二塁から鈴木が左翼線へサヨナラタイムリーを放ち試合を決めた。

 阪神は初回に2死二、三塁のチャンスでナバーロが中前2点タイムリーを放ち先制。日米通算100勝に王手をかけた先発のメッセンジャーは4回まで広島打線をノーヒットに抑える快投を見せた。

 だが、広島は5回。先頭の鈴木が左前打、続くメヒアが左翼席へ3号2ランを放ち同点に追いつく。さらに無死一塁から会沢が左中間へタイムリー二塁打が飛び出し逆転に成功した。

 負ければ自力でのクライマックスシリーズが消滅する阪神は7回。2死満塁の好機を作ると福留が押し出し四球を選び同点に追いついた。

 その後、両チーム無得点が続き試合は延長戦へ。広島は延長11回に1死一塁から左翼線へサヨナラタイムリーを放ち試合を決めた。阪神は自力でのクライマックスシリーズ進出が消滅した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」