野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ヤンキースが6回に4点追加 新人ボイトが2点三塁打 地区S進出へ大きく前進

ヤンキースが6回に4点追加 新人ボイトが2点三塁打 地区S進出へ大きく前進

ヤンキースは3日(日本時間4日)、本拠地にアスレチックスを迎えたワイルドカード(WC)ゲームで6回に4点を追加。地区シリーズ進出へ向け、6点リードを持って終盤に突入した。

タイムリーを放ったヤンキースのアーロン・ヒックス【写真:Getty Images】
タイムリーを放ったヤンキースのアーロン・ヒックス【写真:Getty Images】

ジャッジの右二塁打で打線に着火、6点リードに広げる

■ヤンキース – アスレチックス(日本時間4日・ニューヨーク)

【PR】プロ野球コンテンツを随時配信中! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ヤンキースは3日(日本時間4日)、本拠地にアスレチックスを迎えたワイルドカード(WC)ゲームで6回に4点を追加。地区シリーズ進出へ向け、6点リードを持って終盤に突入した。

 先発セベリーノが5回途中を2安打7奪三振4四球無失点と好投。打線は初回にジャッジが左翼席中段に豪快な先制2ランを運び、試合の主導権を握った。

 2回以降は両軍無得点の攻防が続いたが、6回に再びジャッジが起点となった。先頭で打席に向かうと、アスレチックス4番手のロドニーから一塁線ギリギリに入る二塁打で出塁。すると、続くヒックスも右中間へ二塁打を運び、ジャッジは3点目のホームを踏んだ。スタントンが四球で出塁し、盗塁などでなおも無死二、三塁の追加点機を作ると、新人ボイトがファウルで粘った末の9球目を右翼フェンス直撃の2点タイムリー三塁打とする。さらに、グレゴリアスが左犠飛でボイトが生還。この回で一気に4点を追加した。

 6点リードを奪ったヤンキースは、地区シリーズ進出へ大きく前進した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」