野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリ小谷野、涙の現役最終打席は遊ゴロ ファンは日ハム時代の応援歌も演奏

今季限りで引退するオリックスの小谷野栄一内野手が5日、本拠地ソフトバンク戦で現役最後の打席に立った。

ファン全員が“惜別ボード”を掲げる中、現役最終打席に臨む小谷野栄一【画像:(C)PLM】
ファン全員が“惜別ボード”を掲げる中、現役最終打席に臨む小谷野栄一【画像:(C)PLM】

ベンチでは福良監督も涙

■ソフトバンク 6-4 オリックス(5日・京セラドーム)

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 今季限りで引退するオリックスの小谷野栄一内野手が5日、本拠地ソフトバンク戦で現役最後の打席に立った。

 小谷野は2点ビハインドの最終回、2死走者なしの場面で代打で出場。涙を浮かべながら打席に立った。スタンドでファン全員が“惜別ボード”を掲げ、オリックスと日本ハム時代の応援歌が交互に鳴り響く中、ソフトバンクの守護神・森と真っ向勝負。3球全てストレートで、最後は147キロを打って遊ゴロに倒れた。

 オリックスは4-6で敗れ、今季最終戦を終えたものの、小谷野の現役最終打席を見守ったファンからは温かい拍手。福良監督も目に涙を浮かべ、ベンチに戻ってきた小谷野を迎え入れていた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」