野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

引退試合の鷹・本多、第4打席に右翼線破る三塁打 プロ13年支えた快足を発揮

ソフトバンクの本多雄一内野手が6日、本拠地ヤフオクドームでの西武戦で引退試合に臨んだ。現役最後の舞台は、今季のレギュラーシーズン本拠地最終戦。本多はこれまで慣れ親しんだ「1番・二塁」で先発出場すると、第4打席に安打を放った。

「1番・二塁」で先発出場しているソフトバンク・本多雄一【画像:(C)PLM】
「1番・二塁」で先発出場しているソフトバンク・本多雄一【画像:(C)PLM】

ファンからの大歓声に背中を押されて一気に三塁へ到達

■ソフトバンク – 西武(6日・ヤフオクドーム)

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクの本多雄一内野手が6日、本拠地ヤフオクドームでの西武戦で引退試合に臨んだ。現役最後の舞台は、今季のレギュラーシーズン本拠地最終戦。本多はこれまで慣れ親しんだ「1番・二塁」で先発出場すると、第4打席に安打を放った。

 第1打席は遊ゴロ、第2打席は四球、第3打席は空振り三振に倒れて迎えた第4打席。西武の武隈のボールを捉えた打球は右翼線を破る痛烈な打球に。プロ生活13年間を支えた快足で一気に加速した本多は一塁を蹴ると、迷うことなく二塁も蹴った。ファンの大歓声がドーム中を包む中で三塁へ向かうと、そのままスピードを緩めることなく滑り込み、三塁を陥れた。ファンから大歓声と大きな拍手が巻き起こる三塁打となった。

 この日は試合に出場しているメンバー以外にも、岩嵜、吉村、長谷川勇、今宮、内川、五十嵐らチームメートがスタンドに駆けつけた。三塁めがけて懸命に走る本多の姿に、スタンドで“本多Tシャツ”を着て観戦していた内川は目に涙を浮かべていた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」