野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • プライス“鬼門”を克復できず…2回途中3失点でKO降板 2発含む3安打2四球で降板

プライス“鬼門”を克復できず…2回途中3失点でKO降板 2発含む3安打2四球で降板

レッドソックスの左腕デービッド・プライス投手が6日(日本時間7日)、本拠地での地区シリーズ第2戦ヤンキース戦で2回途中にKO降板した。

2回途中でKO降板したレッドソックスのデービッド・プライス【写真:Getty Images】
2回途中でKO降板したレッドソックスのデービッド・プライス【写真:Getty Images】

これまでPOでは2勝8敗、防御率5.03と奮わず

■Rソックス – ヤンキース(日本時間7日・ボストン)

【PR】プロ野球コンテンツを随時配信中! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 レッドソックスの左腕デービッド・プライス投手が6日(日本時間7日)、本拠地での地区シリーズ第2戦ヤンキース戦で2回途中にKO降板した。

 初回に1死からジャッジに左中間最深部へ先制ソロを運ばれると、2回には先頭サンチェスに左翼ソロ被弾。2死を奪ったものの、トーレス、ガードナーと下位打線2人に連続四球で一、二塁とすると、マカッチェンに左翼フェンス直撃のタイムリーを浴び、3点目を失ったところで42球(24ストライク)で降板となった。

 サイ・ヤング賞にも輝いたプライスだが、これまでプレーオフでは17試合(9先発)で2勝8敗、防御率5.03と相性が悪かった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」