野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日米野球に出場する侍ジャパンメンバー28人発表 G岡本、西武山川ら選出

野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督は10日、都内で記者会見を行い、11月に開催される「2018日米野球」に出場する侍ジャパンメンバー28人を発表した。パ・リーグを10年ぶりに制覇した西武から、先行発表されていた秋山翔吾外野手を含めて6選手が選出された。

会見に臨んだ侍ジャパン・稲葉篤紀監督【写真:編集部】
会見に臨んだ侍ジャパン・稲葉篤紀監督【写真:編集部】

8月には6選手が発表済みも、巨人菅野は出場辞退

 野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督は10日、都内で記者会見を行い、11月に開催される「2018日米野球」に出場する侍ジャパンメンバー28人を発表した。パ・リーグを10年ぶりに制覇した西武から、先行発表されていた秋山翔吾外野手を含めて6選手が選出された。

柳田悠岐は「スケールが違う」 日米野球で侍ジャパンの選手の明暗を分けた国際試合の「対応力」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 NPBエンタープライズは8月20日に一部メンバーとして、菅野智之投手(巨人)、山崎康晃投手(DeNA)、菊池涼介内野手(広島)、秋山翔吾外野手(西武)、柳田悠岐外野手(ソフトバンク)、筒香嘉智外野手(DeNA)の6選手を選出。この中から、菅野がコンディションを考慮して出場を辞退したことが、9日に発表された。

 この日は、新たに23人が発表され、計28人に。パ・リーグ王者の西武からは秋山に加え、多和田真三郎投手、森友哉捕手、山川穂高内野手、源田壮亮内野手、外崎修汰内野手がメンバー入りした。巨人の岡本和真内野手や、日本ハムの上沢直之投手、中日の笠原祥太郎投手などが選出された。

「2018日米野球」に出場する侍ジャパンメンバーは以下の通り。

投手
岸孝之(楽天)
石山泰稚(ヤクルト)
大瀬良大地(広島)
上沢直之(日本ハム)
東浜巨(ソフトバンク)
松永昂大(ロッテ)
多和田真三郎(西武)
山崎康晃(DeNA)
東克樹(DeNA)
松井裕樹(楽天)
濱口遥大(DeNA)
石川柊太(ソフトバンク)
笠原祥太郎(中日)
高梨雄平(楽天)

捕手
森友哉(西武)
會澤翼(広島)
甲斐拓也(ソフトバンク)

内野手
山田哲人(ヤクルト)
田中広輔(広島)
菊池涼介(広島)
外崎修汰(西武)
源田壮亮(西武)
岡本和真(巨人)
山川穂高(西武)

外野手
田中和基(楽天)
柳田悠岐(ソフトバンク)
筒香嘉智(DeNA)
秋山翔吾(西武)

 日米野球は2014年以来4年ぶりの開催。侍ジャパンは11月7日にチャイニーズ・タイペイと壮行試合を行い、9、10、11日に東京ドーム、13日にマツダスタジアム、14、15日にナゴヤドームでMLBオールスターチームと対戦する。MLBオールスターチームもすでに以下の8選手の参加が決まっている。

ヤディエル・モリーナ捕手(カージナルス)
ホイット・メリフィールド内野手(ロイヤルズ)
カルロス・サンタナ内野手(フィリーズ)
エイウヘニオ・スアレス内野手(レッズ)
クリス・テーラー内野手(ドジャース)
ロナルド・アクーニャJr.外野手(ブレーブス)
リース・ホスキンス外野手(フィリーズ)
クリスチャン・イエリチ外野手(ブルワーズ)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」