野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ハム矢野、現役最終打席まで技術向上を追求し左前打「引き出しになった」

日本ハムの矢野謙次外野手が10日、本拠地で行われた引退試合(ロッテ戦)に代打で登場し、左前打を放った。

引退試合でヒットを放った日本ハム・矢野謙次【画像:(C)PLM】
引退試合でヒットを放った日本ハム・矢野謙次【画像:(C)PLM】

有終の美飾る一打にベンチもスタンドも熱狂

■日本ハム 5-4 ロッテ(10日・札幌ドーム)

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 日本ハムの矢野謙次外野手が10日、本拠地で行われた引退試合(ロッテ戦)に代打で登場し、左前打を放った。

 16年間のプロ生活最後の打席は、1点リードの7回2死一塁で回ってきた。2万2572人の大歓声を耳にしても、冷静に仕事に徹する。「歓声は聞こえましたが、いつも通り、試合の打席に臨むようにやりました」と集中。カウント1-1から4球ファウルで粘った後、鮮やかに三遊間を破った。

 気配りの男らしく、真っ先に感謝したのは、ロッテベンチだった。7球全てが直球。「井口監督やロッテの皆さんが、僕が出てきたら真っすぐで行けと言ってくれたこともあると思う。真っすぐ勝負をしてくれたことに感謝です」。ベンチで身を乗り出してガッツポーズをするチームメートには一塁上で右手を上げて応え、熱狂するスタンドにはヘルメットを取って、感謝の気持ちを示した。

 うまくなりたいという一心で野球に取り組んできた38歳は、最後の最後まで技術向上を追求していた。「練習でスイングがいい感じかなと思っていて、それが最後に形になって、自分の引き出しになりました。やっていたことの方向性は間違っていないことの確認にもなりましたし、また学びが一つある打席でした」と最終打席でつかんだものについてうれしそうに語った。 

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」