野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日本ハム中田CSに向け準備万端 「失敗を恐れることなく、ぶつかっていきたい」

日本ハムの中田翔内野手が11日、本拠地でのロッテ戦で適時打を放って、レギュラーシーズン最終戦を終えた。

日本ハム・中田翔【写真:石川加奈子】
日本ハム・中田翔【写真:石川加奈子】

2試合連続で初回に先制タイムリー

■日本ハム 5-4 ロッテ(11日・札幌ドーム)

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 日本ハムの中田翔内野手が11日、本拠地でのロッテ戦で適時打を放って、レギュラーシーズン最終戦を終えた。

 初回1死一、二塁で回ってきた第1打席、ロッテ・有吉の直球を左前に運ぶ適時打で逆転の口火を切った。前日10日のロッテ戦でも初回に先制打を放っており、打撃の状態は上向きだ。

 13日から始まるクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージのソフトバンク戦に向けて「ここから本番なので、気合いを入れて頑張りたい」と充実感たっぷりに言い切った。

 チームは4日楽天戦の後に中5日空く変則日程だったが、3連勝締めとなった。「決して雰囲気は悪くない。気持ちを入れて頑張るだけ。あとはなるようになる。失敗を恐れることなく、ぶつかっていきたい」

 人生で初めてキャプテンとして臨んだ今季は、打率.265、25本塁打、106打点の好成績でチームを引っ張った。集大成となるCSでも戦う姿勢を見せつけ、チームの先頭に立つ。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」