野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 明石商サヨナラ勝ちで4季連続兵庫制覇 狭間監督「今年は1勝でも多くしたい」

明石商サヨナラ勝ちで4季連続兵庫制覇 狭間監督「今年は1勝でも多くしたい」

秋季兵庫県高校野球野球大会決勝が13日、明石トーカロ球場で行われ、明石商が3-2で神戸国際大附をサヨナラで破り、2年連続3回目の優勝を果たした。

兵庫大会優勝を決め喜ぶ明石商業ナイン【写真:編集部】
兵庫大会優勝を決め喜ぶ明石商業ナイン【写真:編集部】

県内相手の公式戦連勝を27に伸ばす

 秋季兵庫県高校野球野球大会決勝が13日、明石トーカロ球場で行われ、明石商が3-2で神戸国際大附をサヨナラで破り、2年連続3回目の優勝を果たした。

 3回までに2点を先行された明石商は、4回に7番・河野光輝内野手(2年)、5回に2番・水上桂捕手(2年)がいずれもスクイズを決めて同点に追いつくと、9回は2死満塁から5番・溝尾海陸外野手(2年)が押し出し四球を選び、サヨナラ勝ち。明石商はこれで4季連続で兵庫大会優勝。県内相手の公式戦連勝を27に伸ばした。

 接戦をものにした狭間善徳監督は「一度負けた方が楽だと思ったこともあったが、子供たちが本当によく頑張ってくれました。河野、水上とよくスクイズを決めてくれて、ウチらしい試合ができた。最後は思い切っていけということを伝えました。去年の近畿大会は兵庫1位で行きながら、1勝もできなかった。兵庫代表として今年は1勝でも多くしたい。ウチはコツコツ積み上げるチームなので、明日からまたコツコツ練習していきたい」と昨年のリベンジを誓った。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」