野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトバンクCS第1S突破に王手 工藤監督「選手が初戦を大事に思ってくれた」

ソフトバンクは13日、日本ハムに8-3で勝利しクライマックスシリーズファーストステージの初戦をものにした。苦手とする上沢直之投手の立ち上がりを攻めた打線に、工藤公康監督も大満足だった。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

初回に積極采配で一気に逆転「1アウトをあげるよりは攻めていこう」

■ソフトバンク 8-3 日本ハム(13日・ヤフオクドーム)

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継&ソフトバンク戦見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 ソフトバンクは13日、日本ハムに8-3で勝利しクライマックスシリーズファーストステージの初戦をものにした。苦手とする上沢直之投手の立ち上がりを攻めた打線に、工藤公康監督も大満足だった。

 先発のミランダ投手がいきなり1点を失ったものの、その直後にラッキーな安打もあり無死満塁とすると、柳田悠岐外野手がすかさず同点打を放ち、さらにデスパイネの満塁弾で一挙5点を奪った。

 工藤監督は「(上沢は)回を追うごとによくなる投手。選手に立ち上がりから攻略するんだという思いが出ていた良い試合でした。デスパイネは、あれを無理せず逆方向に打ったのはさすがだなと思います」と打撃陣を称賛した。

 この攻めにつなげたのは、先頭の上林誠知が二塁に出た後の攻撃的な采配だ。三塁に進めて高い確率で同点を狙うことなく、2番の明石健志に打ちに行かせた(結果は四球)。その場面については「立ち上がり、上沢くんが探り探りだったので、(送って)1アウトをあげるよりは攻めていこうという思い」と明かした。

 その後、中村晃も柳田も積極的な初球打ち。「追い込まれるとフォークボールもあるので、最初にストライクを取ってくるボールを打つのが大事」と、打線の積極性を称えた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」