野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ヤクルト“Gキラー”小川7回途中4失点で降板 今季5戦4勝無敗と好相性も…

ヤクルトの小川泰弘投手が13日、神宮で行われた巨人とのクライマックスシリーズ第1ステージ初戦に先発。6回1/3、5安打4失点で降板となった。

先発したヤクルト・小川泰弘【写真:荒川祐史】
先発したヤクルト・小川泰弘【写真:荒川祐史】

小川は今季、巨人戦で5戦4勝負けなし

■ヤクルト – 巨人(13日・神宮球場)

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継&ヤクルト戦見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 ヤクルトの小川泰弘投手が13日、神宮で行われた巨人とのクライマックスシリーズ第1ステージ初戦に先発。6回1/3、5安打4失点で降板となった。

 小川は初回。1死から田中俊に四球を与えると、続くマギーに右越え二塁打を浴び二、三塁のピンチを背負うと岡本に右犠飛を浴び先制を許した。同点の3回には1死走者なしから坂本勇に一発を浴び再び勝ち越し点を献上。

 その後は粘りの投球を見せ打線の援護を待ったが7回。先頭の長野に左前打、続く陽岱鋼にタイムリー二塁打を浴び小林の犠打で1死三塁となり降板。2番手でマウンドに上がったハフも代打・亀井に中前タイムリーを浴び小川の失点は4。

 小川は今季巨人戦で5試合4勝0敗、防御率1.53と圧倒的な成績を残していたが無念の降板となった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」