野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

巨人上原が好救援で勝利投手に! CS第1S突破に王手 燕小川はG戦“初黒星”

巨人が先勝し、ファイナルステージ進出に王手をかけた。13日、神宮球場で行われたヤクルトとのクライマックスシリーズファーストステージ第1戦を4-1で勝利。レギュラーシーズンで5戦4敗の天敵・小川を攻略した。

先発したヤクルト・小川泰弘【写真:荒川祐史】
先発したヤクルト・小川泰弘【写真:荒川祐史】

上原は5回2死二塁で2番手として登板し1回1/3、無安打無失点の好投

■巨人 4-1 ヤクルト(13日・神宮球場)

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 巨人が先勝し、ファイナルステージ進出に王手をかけた。13日、神宮球場で行われたヤクルトとのクライマックスシリーズファーストステージ第1戦を4-1で勝利。レギュラーシーズンで5戦4敗の天敵・小川を攻略した。

 初回に1死から田中俊が四球で出塁すると、続くマギーの二塁打で二、三塁のチャンスを作ると岡本の右犠飛で先制に成功した。

 2回に同点に追いつかれたが、直後の3回に1死走者なしから坂本勇が左翼席へ1号ソロを放ち勝ち越しに成功。さらに7回には先頭の長野が左前打、続く陽岱鋼がタイムリー二塁打を放ち、続く小林の犠打で1死三塁となり小川は降板。2番手にマウンドに上がったハフから代打・亀井が中前タイムリーを放ち4点目を挙げた。

 先発の今村は5回2死二塁の場面で降板、2番手には上原が登板し山田哲を空振り三振に抑え試合の流れをつかんだ。上原はイニング跨ぎで6回のマウンドにも上がり3者凡退に仕留め1回1/3、無安打無失点の好リリーフを見せた。

 7回は畠が3番手としてマウンドに上がり、先頭の荒木に中前打を浴びたが後続を打ち取り無失点。8、9回は山口俊が締めCS第1S突破に王手をかけた。好救援を見せた上原が勝利投手となった。

 ヤクルトの小川は今季レギュラーシーズンで巨人相手に5戦4勝無敗、防御率1.53とGキラーぶりを発揮していたが6回1/3、5安打4失点で降板しポストシーズンで今季“初黒星”を喫した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」