野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

負けられないヤクルト、菅野対策に山田を3番に! 小川監督「勝つしかない」

巨人に敗れ、あとがなくなったヤクルト小川淳司監督は14日、クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ第2戦(神宮)を前に山田哲を3番に戻し、川端を三塁、坂口を一塁で起用する布陣を明らかにした。

ヤクルト・小川淳司監督【写真:荒川祐史】
ヤクルト・小川淳司監督【写真:荒川祐史】

第1戦で2番で起用していた山田を3番、バレンティンを4番に起用

■ヤクルト – 巨人(14日・神宮)

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 巨人に敗れ、あとがなくなったヤクルト小川淳司監督は14日、クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ第2戦(神宮)を前に山田哲を3番に戻し、川端を三塁、坂口を一塁で起用する布陣を明らかにした。

 左太もも裏痛の青木を登録抹消して以来、山田哲を2番に置いてきたが「勝つしかない。話せば色んな理由つけはあるが、山田、バレンティンと続く、この打順で何とか点をとるしかない。菅野にヒット、ヒットとつなげるのは簡単ではない。意味のある凡打なら、つなぎが変わってくる」と指揮官。

 先発の原は今季、巨人相手に6試合に登板し1勝1敗、防御率3.13の成績を残しているが「ゼロに抑えてくれる投球。チームが勝つための継投を考えていく」と語りCS第1S突破に向け総力戦で挑む。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」