野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハムがファイナルS進出へ逆王手 大田が決勝打、鷹は加治屋が痛打浴びる

日本ハムが下克上でのファイナルステージ進出に逆王手をかけた。初戦を落として迎えた14日、敵地ヤフオクドームで行われたソフトバンクとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第2戦。先発のマルティネスが7回5安打2失点と好投すると、同点の8回に大田が決勝の適時二塁打。1勝1敗のタイとなり、決着は15日の第3戦にもつれ込むことになった。

決勝打を放った日本ハム・大田泰示【写真:編集部】
決勝打を放った日本ハム・大田泰示【写真:編集部】

同点の8回2死二塁、大田が値千金の勝ち越して適時二塁打

■日本ハム 4-2 ソフトバンク(14日・ヤフオクドーム)

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 日本ハムが下克上でのファイナルステージ進出に逆王手をかけた。初戦を落として迎えた14日、敵地ヤフオクドームで行われたソフトバンクとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第2戦。先発のマルティネスが7回5安打2失点と好投すると、同点の8回に大田が決勝の適時二塁打。1勝1敗のタイとなり、決着は15日の第3戦にもつれ込むことになった。

 日本ハムは3回、横尾が左翼ポールに直撃するソロ本塁打を放ち、1点を先制。4回には、先頭の大田が遊撃・高田の悪送球で出塁すると、続く近藤の打席で盗塁に成功。中田の左前安打で一、三塁へとリードを拡大し、アルシアが千賀の抜けたフォークを右前へ。三塁走者が生還して1点を加え、リードを広げた。

 先発のマルティネスは7回まで5安打2失点と好投。4回に中村晃のソロ、7回には高田に適時打を浴びて同点に追いつかれたものの、その直後の8回に味方打線が奮起。2死から西川は右中間フェンス直撃の二塁打で出塁すると、大田が左翼の頭上を越える勝ち越しの適時二塁打。さらに近藤も右中間を破る適時二塁打を放ってリードを広げた。

 ソフトバンクは一度は追いついたものの、セットアッパーの加治屋が崩れた。8回2死二塁、フルカウントからの7球目の真っ直ぐがど真ん中に入り、大田に適時二塁打を浴び、これが決勝点。前日2桁安打を放った打線も6安打に終わった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」