野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークス石川、見事な火消しで白星 「準備の段階から戦いは始まっている」

ソフトバンクの石川柊太投手がクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ、日本ハムとの第3戦で2番手として登板。4回無死一、二塁のピンチに見事な火消しを見せて白星を挙げた。

ソフトバンク・石川柊太【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・石川柊太【写真:藤浦一都】

中島卓に11球の直球勝負「半速球でいくのが怖かった」

■ソフトバンク 5-2 日本ハム(15日・ヤフオクドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクの石川柊太投手がクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ、日本ハムとの第3戦で2番手として登板。4回無死一、二塁のピンチに見事な火消しを見せて白星を挙げた。

 先発の東浜巨投手が2点リードの4回にヒットと四球で無死一、二塁のピンチを背負う。ここで工藤公康監督は迷うことなく石川をマウンドに送った。石川は犠打を試みた鶴岡の打球を素早く処理して三塁へ送球。1アウトを奪うと代打・田中賢には力のあるストレートで空振り三振。

 そして、続く中島に対しては「これ以上ランナーを溜めたくなかったので、半速球でいくのが怖かった」と、粘られながらもひたすら直球で攻め続けた。そして11球目を痛打されながらも、打球は一塁の中村晃の正面を突き、日本ハムに得点を許さなかった。

 続く6回は先頭打者への四球から1失点、さらに7回には自分がマウンドに向かった時と同じ無死一、二塁のピンチを作って降板。今度は嘉弥真が好投で石川を救ってくれた。

「点も取られたし、迷惑をかけたりしたので、胸を張ってというところはないですね。そこは反省して、次の登板に向けて準備していくだけです。(白星がついたが)自分が勝ったことより、チームが勝てたことが一番です」

 17日からは西武との激戦が始まる。「準備の段階から戦いは始まっているので、今更どうこうはないです」と、敵地への移動日に気持ちを切り替えて万全の準備を整えていく。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」