野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武2番手・十亀、“天敵”松田の目前で降板 7回に3点失い、鷹が大量リード

西武の十亀剣投手が、6回から2番手で登板し、7回途中で降板した。17日、本拠地メットライフドームで行われた「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファイナルステージ第1戦。先発の菊池雄星が5回6失点でノックアウトされると、6回から十亀がマウンドに上がった。

「7番・三塁」で出場したソフトバンク・松田【写真:福谷佑介】
「7番・三塁」で出場したソフトバンク・松田【写真:福谷佑介】

十亀、平井がピンチを招き、小川が連続適時打浴びる

■西武 – ソフトバンク(17日・メットライフ)

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 西武の十亀剣投手が、6回から2番手で登板し、7回途中で降板した。17日、本拠地メットライフドームで行われた「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファイナルステージ第1戦。先発の菊池雄星が5回6失点でノックアウトされると、6回から十亀がマウンドに上がった。

 6回1死から川島に左翼線への二塁打を許すと、2死三塁でグラシアルの三塁適時内野安打で7点目を献上。7回には三塁・中村のエラーでデスパイネを出塁させると、中村晃には右前安打を浴びた。無死一、二塁のピンチで、打順は“天敵”の松田に。ここで辻発彦監督は平井への継投を球審に告げた。

 十亀は松田に今季14打数7安打、5本塁打を許し、通算でも42打数26安打、打率.619と苦手としていた。代わった平井は松田を空振り三振に抑えたものの、この日1軍に復帰した代打・内川に中前安打を許し、平井からバトンを受けた小川は代打・長谷川、川島に連続適時打を浴びて、リードを広げられた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」