野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

菊池を沈めた急先鋒の鷹・川島、なぜ1番抜擢? 工藤監督「相手は何が嫌か」

ソフトバンクが大きな1勝を掴んだ。17日、敵地メットライフドームで行われた「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファイナルステージ第1戦。初回に1点を先制すると、逆転を許した直後の4回、西武先発の菊池を攻め立て、川島慶三内野手の逆転の適時打などで大量5得点を奪った。その後も着実に加点したソフトバンクは10-4で大勝。

ソフトバンク・川島慶三【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・川島慶三【写真:藤浦一都】

逆転打含む3安打3打点に指揮官「さすが」

■ソフトバンク 10-4 西武(17日・メットライフ)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 ソフトバンクが大きな1勝を掴んだ。17日、敵地メットライフドームで行われた「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファイナルステージ第1戦。初回に1点を先制すると、逆転を許した直後の4回、西武先発の菊池を攻め立て、川島慶三内野手の逆転の適時打などで大量5得点を奪った。その後も着実に加点したソフトバンクは10-4で大勝。西武に与えられているアドバンテージを含み、1勝1敗のタイとした。

 1番に抜擢された川島が、チームを勝利に導いた。2打席凡退して迎えた4回の第3打席。下位打線がチャンスを作り、2死満塁で打順が巡ってきた。2ボールから、ストライクを取りにきた西武菊池のスライダーを逃さなかった。鋭い当たりは左翼線で弾み、2人の走者が生還。逆転のタイムリーになった。6回には二塁打を放ち、7回の第5打席では右前適時打。3安打3打点の大暴れだった。

 ファーストステージ3試合はいずれもベンチスタートだった川島。工藤公康監督は、コーチングスタッフは、なぜ川島をスタメン、しかも1番で起用したのだろうか?

 試合後に「さすが読みがいい。どういう球をどこに打てばいいかを分かっている」と川島を称賛した工藤公康監督は「ピッチャーにとって嫌なバッター。左に対していい成績を残しているし、相手は何が嫌かと考えた」と1番起用の意図を説明。藤本博史打撃コーチは「上林の状態もあるし、前回の対戦でも打っていたし」とした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」