野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 最強左腕カーショー、大一番で圧巻投球 指揮官も最敬礼「素晴らしかった」

最強左腕カーショー、大一番で圧巻投球 指揮官も最敬礼「素晴らしかった」

ドジャースのエース左腕クレイトン・カーショー投手は17日(日本時間18日)、本拠地でのリーグ優勝決定シリーズ第5戦ブルワーズ戦で7回3安打1失点9奪三振と好投し、チームを5-2での勝利に導いた。ドジャースは3勝2敗として、2年連続でのワールドシリーズ進出に王手。デーブ・ロバーツ監督は「クレイトンは素晴らしかった」と絶賛している。

圧巻投球を披露したドジャースのクレイトン・カーショー【写真:Getty Images】
圧巻投球を披露したドジャースのクレイトン・カーショー【写真:Getty Images】

リーグ優勝決定S第5戦で7回1失点9Kの快投「必要としていたイニング数を投げてくれた」

■ドジャース 5‐2 ブルワーズ(日本時間18日・ロサンゼルス)

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 ドジャースのエース左腕クレイトン・カーショー投手は17日(日本時間18日)、本拠地でのリーグ優勝決定シリーズ第5戦ブルワーズ戦で7回3安打1失点9奪三振と好投し、チームを5-2での勝利に導いた。ドジャースは3勝2敗として、2年連続でのワールドシリーズ進出に王手。デーブ・ロバーツ監督は「クレイトンは素晴らしかった」と絶賛している。

 カーショーは3回、ケインに適時二塁打を浴びて先制を許したものの、その後の2死満塁のピンチではアギラールに粘られながら、最後は8球目のスライダーで空振り三振。最少失点で切り抜けると、このアギラールの三振から13打者連続アウトと快投し、マウンドを降りた。

 打線は5回にバーンズのタイムリーで追いつくと、6回にはマンシー、プイグのタイムリーで勝ち越し。7回には四球で出塁したカーショーの激走もあり、ターナーのタイムリーなどで2点を加えた。試合後、ロバーツ監督は「今日は小さなことが大きな役割を果たした。走塁、盗塁、四球、逆方向へのヒット、ドジャーが粘って打ったこと。我々が今日したことには多くの良いことがあった。そして、勝利することができた」と満足気に振り返った。

 さらに、第1戦で4回途中5失点と打ち込まれながら、“汚名返上”の快投を見せた最強左腕カーショーについては「クレイトンは今日素晴らしかった。本当に上手く球種をミックスしていた。3回は30球(程)投げて苦しんだが、アギラールを三振に打ち取って切り抜け、我々が必要としていたイニング数を投げてくれた」と絶賛した。

 相手のブルワーズは、先発の左腕マイリーを打者1人で交代させ、2番のターナーから右腕ウッドラフを投入するという奇策も打ってきたが、「明らかに今日の我々のラインナップは、以前マイリーと対戦した時とは異なる。予想外のことにも対応できるように準備していなければならない。上手くやれたと思う。普通ではないことだが、どんな状況にも準備はできていた」とうなずいた。

 敵地での2試合で1勝を挙げれば、2年連続のワールドシリーズ進出が決まる。30年ぶりの世界一へ、着々と前進している。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」