野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

CS第2戦は初戦黒星の西武が先制! 栗山が初回に3ラン、会心の2戦連続弾

パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦が18日、メットライフドームで行われ、初戦を落とした西武が初回に栗山の2戦連続ホームランで先制した。

初回に先制3ランを放った西武・栗山巧【写真:福谷佑介】
初回に先制3ランを放った西武・栗山巧【写真:福谷佑介】

ミランダのチェンジアップを右翼席に運ぶ

■西武 – ソフトバンク(18日・メットライフ)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦が18日、メットライフドームで行われ、初戦を落とした西武が初回に栗山の2戦連続ホームランで先制した。

 先発の多和田は初回、3者凡退の立ち上がり。すると、その裏に源田のヒット、山川の死球で2死一、二塁の好機を作る。ここで栗山がフルカウントから左腕ミランダのチェンジアップを捉え、会心の3ランを右翼スタンドへ叩き込んだ。

 4-10で完敗した第1戦でも4回にバンデンハークからソロ弾を放っていた栗山。頼れるチームリーダーの一発で西武が幸先よく先制した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」