野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武今井は5回途中4失点 鷹も東浜を4回で代え、両チーム継投勝負に

西武の今井達也投手は、5回途中4失点で降板した。「パーソル クライマックスシリーズ パ」のファイナルステージは20日、西武の本拠地メットライフドームで第4戦が行われ、西武の先発マウンドを託された右腕は2ラン2本を浴びたものの、粘りの投球を見せた。

先発した西武・今井達也【写真:福谷佑介】
先発した西武・今井達也【写真:福谷佑介】

西武は5回2死二塁で柳田を迎えたところで今井から小川へスイッチ

■西武 – ソフトバンク(20日・メットライフ)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 西武の今井達也投手は、5回途中4失点で降板した。「パーソル クライマックスシリーズ パ」のファイナルステージは20日、西武の本拠地メットライフドームで第4戦が行われ、西武の先発マウンドを託された右腕は2ラン2本を浴びたものの、粘りの投球を見せた。

 前日に16安打15得点と爆発したソフトバンク打線と対峙した今井。初回2死からグラシアルへ四球を与えると、続く柳田には高めの真っ直ぐを左翼スタンドまで運ばれ先制の2ランを被弾した。2回にも2死一塁から甲斐に2ランを浴びて2回で4点を失った。

 それでも、3回からは粘りの投球を展開。走者を背負いながらも追加点は許さなかった。5回1死から上林に二塁打を浴び、グラシアルは左飛。2死二塁で柳田を迎えたところで、辻発彦監督は継投を決断した。今井は4回2/3を投げて5安打4失点。2番手でマウンドに上がった小川が柳田を二ゴロに打ち取り、ピンチを凌いだ。

 ソフトバンクの先発は中4日での登板となった東浜。序盤から飛ばした右腕は3回に木村に2ランを浴びたものの、4回を投げて2安打2失点。リードを守ったままリリーフ陣にバトンを渡し、2番手で武田がマウンドに上がった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」