野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

必勝西武、第5戦の先発ウルフが力投宣言「菊池をもう一度マウンドに立たせたい」

第4戦に敗れて崖っぷちに立たされたリーグ覇者・西武。21日の第5戦の先発マウンドは、来日9年目のブライアン・ウルフ投手に託された。

西武のブライアン・ウルフ【画像:(C)PLM】
西武のブライアン・ウルフ【画像:(C)PLM】

フェニックスリーグで調整登板「1人1人抑えていきたい」

■西武 – ソフトバンク(21日・メットライフ)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 西武戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 第4戦に敗れて崖っぷちに立たされたリーグ覇者・西武。21日の第5戦の先発マウンドは、来日9年目のブライアン・ウルフ投手に託された。

 クライマックスシリーズ(CS)での登板について「細かいことはあまり気にせず全力で投げたい。そして、なるべく長いイニングを投げたい」と、意気込みを語ったウルフ。前回の実戦登板は10月14日、フェニックスリーグでの広島戦だった。この時は、3回38球と球数が少なかったこともあり、ブルペンでいつもより多めに投げて調整を行った。

 ソフトバンクとの今季対戦は3試合で1勝0敗だが、防御率は5.23と分が悪い。「1番から9番まで打てる打線なので、1人1人抑えていきたい」と話す右腕の心には、大切なチームメイト、菊池雄星への思いがある。

「菊池はチームメイトであり、仲のいい友人だ。その菊池をもう一度、マウンドに立たせたい」

 第1戦で納得のピッチングができず「このままでは終われない」と語った菊池は、勝てば迎える第6戦に備えて調整を続ける。その左腕の思いを叶えるべく、ウルフは力投を誓った。

 日本ハム時代の2012年には、CSと日本シリーズで登板し、いずれも勝利投手となった。大舞台でのピッチングを知り尽くすベテラン助っ人に、チームの命運は委ねられた。

(岩国誠 / Makoto Iwakuni)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」