野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

工藤監督も「ビックリ」「まさか」 試合の流れ決めた鷹グラシアルのバント安打

決戦を見守った誰もが、その目を疑い、驚いたはずだ。21日、メットライフドームで行われた「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファイナルステージ第5戦。2年連続の日本シリーズ進出を決めたソフトバンクにこの試合、勝利への流れをもたらしたのが、キューバ人助っ人が見せた意表を突くバントだった。

バントヒットを決めたソフトバンクのグラシアル【写真:福谷佑介】
バントヒットを決めたソフトバンクのグラシアル【写真:福谷佑介】

初回チャンスで一塁線へ絶妙バント「自分にとって最大の仕事」「守備の陣形も見て」

 決戦を見守った誰もが、その目を疑い、驚いたはずだ。21日、メットライフドームで行われた「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファイナルステージ第5戦。2年連続の日本シリーズ進出を決めたソフトバンクにこの試合、勝利への流れをもたらしたのが、キューバ人助っ人が見せた意表を突くバントだった。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 初回だ。先頭の上林が右翼線への二塁打を放って出塁。続く明石は死球を受け、無死一、二塁のチャンスとなった。ここで打席に立ったのが、ユリスベル・グラシアル内野手。西武先発のウルフが投じた初球。ここで、グラシアルはまさかのバントに打って出た。

 一塁線への絶妙なバント。虚を突かれた西武守備陣は処理が遅れた。一塁の山川が打球を処理したが、浅村のベースカバーが間に合わず、内野安打に。続く柳田が左中間への適時二塁打。走者が全員本塁へかえり、3点を先制した。崖っぷちに追い込まれていた西武に痛烈な先制パンチを食らわせた。

 このバント、ベンチのサインではなく、グラシアルが咄嗟の判断で決めたものだった。「サインとかは出ていなかった。あの状況ではバントをして走者を進めることが、自分にとって最大の仕事だと思ったんだ。守備の陣形も見て、どこにバントすればいいかは考えていたよ」。工藤公康監督も「ビックリしました。まさか、と思いました」と驚いたのだから、西武側も面食らったことだろう。

 この3点がやはり大きかった。西武に追い上げられながらも、柳田のソロや上林の2点適時三塁打などで追いつかせなかった。グラシアルも7回の第4打席、9回の第5打席で安打を放ち3安打。松田に代わって務めた三塁の守備も無難にこなした。「チームが勝ったので、自分の仕事はできたかなと思うよ」。このグラシアル、間違いなく、このシリーズで勝敗の鍵を握った1人だった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」