野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

CS敗退の西武、山川が痛感した“4番の差”「柳田さんはあれだけ打ったので」

今季、1度も首位を明け渡すことなくリーグ優勝を果たした西武。クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージを勝ち上がった2位・ソフトバンクを本拠地・メットライフドームで迎え撃ったが結果は2勝4敗(アドバンテージ1勝を含む)で敗退。4番としてチームを牽引した山川穂高の今シーズンもここで終わった。

西武・山川穂高【写真:福谷佑介】
西武・山川穂高【写真:福谷佑介】

柳田は打率.450も山川は打率.188「悔しいけど力不足」

 今季、1度も首位を明け渡すことなくリーグ優勝を果たした西武。クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージを勝ち上がった2位・ソフトバンクを本拠地・メットライフドームで迎え撃ったが結果は2勝4敗(アドバンテージ1勝を含む)で敗退。4番としてチームを牽引した山川穂高の今シーズンもここで終わった。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

「悔しいです。悔しいけど(自分の)力不足。柳田さんはあれだけ打ったので」

 山川はソフトバンクの4番・柳田との差を痛感。ファイナルステージでの打撃成績は、柳田が20打数9安打の打率.450、2本塁打、8打点でMVPを獲得したのに対し、山川は16打数3安打の打率.188、2本塁打、2打点。数字の差は歴然だ。

「(自分は)大事なところで打てなかった。すべてにおいて、もう一回り大きくならないとダメ」と反省した山川。今季、4番として全試合出場し、47本塁打でタイトルを獲得しているが「今年の結果に何も満足していない。本塁打は47本打ちましたけど、歴代では47本以上打っている人ももちろんいますし、そういう人の打ち方を参考にしたり、打率も.360や.370打っている人もいるので、そういう人たちがいるってことは絶対に無理な数字じゃないと思っているので」と、高い理想を描いている。

 その高みへたどり着くために、何が足りないのか。「技術だと思うので、技術を習得するには練習すること。このCSで結果を残せなかったことも、ただの練習不足だと思っています。こういう(CSのような)場面で、相手が厳しいところへ投げ込んできても、打てるはずだった、打つ術はあったと思うので、そのためにはもっと練習しないといけない」と自らに言い聞かせるように語った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」