野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • Rソックスが1点リード マルティネス2打席連続タイムリー 試合は一進一退続く

Rソックスが1点リード マルティネス2打席連続タイムリー 試合は一進一退続く

第114回ワールドシリーズ第1戦が23日(日本時間24日)、ボストンのフェンウェイパークで行われ、レッドソックスの打点王マルティネスが2打席連続タイムリーを放ち、1点リードに成功した。

勝ち越しタイムリーを放ったRソックスのJD・マルティネス【写真:Getty Images】
勝ち越しタイムリーを放ったRソックスのJD・マルティネス【写真:Getty Images】

チャレンジで併殺逃れた直後に勝ち越し成功

■Rソックス – ドジャース(日本時間24日・ボストン)

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 第114回ワールドシリーズ第1戦が23日(日本時間24日)、ボストンのフェンウェイパークで行われ、レッドソックスの打点王マルティネスが2打席連続タイムリーを放ち、1点リードに成功した。

 初回にマルティネスの適時打などで2点を先制したが、2回にケンプのソロ弾、3回にマチャドの適時打で同点に追いつかれる。だが、その直後、1死一塁からピアースが遊撃へ放った打球をマチャドが好捕。遊ゴロ併殺かと思われたが、チャレンジの末に判定が覆り、ピアースは一塁に生き残った。

 2死一塁で打席に立ったマルティネスはカウント1-2から4球目を弾き返し、中堅フェンス直撃の二塁打とすると、一塁からピアースが一気に本塁を目指し、勝ち越しのホームを踏んだ。

 一進一退の攻防が続く第1戦。両軍ともに一歩も譲らぬ戦いとなっている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」