野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 元広島ブレイシアがPO8戦目でついに失点 1死満塁からマチャドに中犠飛許す

元広島ブレイシアがPO8戦目でついに失点 1死満塁からマチャドに中犠飛許す

第114回ワールドシリーズ第1戦が23日(日本時間24日)、ボストンのフェンウェイパークで行われ、7回に元広島のレッドソックス右腕ライアン・ブレイシアが登板。1死満塁からマチャドの中犠飛で1点を失い、今季プレーオフでの無失点試合記録が7で止まった。

7回にマウンドに上がったRソックスのライアン・ブレイシア【写真:AP】
7回にマウンドに上がったRソックスのライアン・ブレイシア【写真:AP】

逆転走者を残して降板も、5番手ロドリゲスが好救援でリード死守

■Rソックス – ドジャース(日本時間24日・ボストン)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 第114回ワールドシリーズ第1戦が23日(日本時間24日)、ボストンのフェンウェイパークで行われ、7回に元広島のレッドソックス右腕ライアン・ブレイシアが登板。1死満塁からマチャドの中犠飛で1点を失い、今季プレーオフでの無失点試合記録が7で止まった。

 5-3と2点リードの7回に4番手で登板。先頭で打席に立った代打ピーダーソンを遊ゴロに打ち取ると、続く代打マンシーに右前打を許す。さらにターナーに中前打、代打グランダルに四球で1死満塁の大ピンチ。ここで迎えたマチャドに初球をセンターへの犠飛とされ、1点を失い、連続無失点試合が7で止まった。

 ブレイシアは2死一、二塁としたところで降板。さらなる失点の恐れもあったが、マウンドを継いだロドリゲスが好救援し、1点リードを死守した。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」