野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNA大河が値千金の逆転2点打 完全アウェーでコロンビア撃破「楽しめた」

野球の23歳以下の世界一を決める「第2回WBSC U-23ワールドカップ」(コロンビア)は開催5日目の23日(日本時間24日)、オープニングラウンド第5戦が行われ、すでにスーパーラウンド進出を決めているA組の日本は地元コロンビアを7-2で下し、無傷の5連勝を飾った。完全アウェーの雰囲気の中、初回に先制されたものの、3回に大河内野手が逆転打。ペースを取り戻し、最後は快勝した。

コロンビア戦で活躍を見せた侍ジャパンU-23代表のDeNA・大河【写真:Getty Images】
コロンビア戦で活躍を見せた侍ジャパンU-23代表のDeNA・大河【写真:Getty Images】

1点を追う3回に2点タイムリー、2番抜擢の稲葉監督は「しっかり活躍してくれた」

 野球の23歳以下の世界一を決める「第2回WBSC U-23ワールドカップ」(コロンビア)は開催5日目の23日(日本時間24日)、オープニングラウンド第5戦が行われ、すでにスーパーラウンド進出を決めているA組の日本は地元コロンビアを7-2で下し、無傷の5連勝を飾った。完全アウェーの雰囲気の中、初回に先制されたものの、3回に大河内野手が逆転打。ペースを取り戻し、最後は快勝した。

「もっと聞いておけば…」元読売内野手がジュニア世代に伝えるU-21代表で得た学び(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 0-1で迎えた3回、先頭の周東佑京外野手(ソフトバンク)が四球、島田海吏外野手(阪神)がセーフティーバントで無死一、二塁とすると、前日の6番から2番に上がった好調の大河が左中間を破る2点適時三塁打。逆転に成功し、大河は続く岸里亮佑外野手(日本ハム)の打席で相手投手の暴投で生還して追加点を奪った。

 一時1点差に迫られたものの、7回に3点を加えて突き放し快勝。5連勝で25日(同26日)からのスーパーラウンドに臨むことになった。

 試合後、テレビインタビューに応じた稲葉監督は大河について「(打順を)2番に変えて、しっかり活躍してくれた」と納得の表情。本人も「気持ちで行くしかないと思って、相手に攻める気持ちで向かっていきました」と振り返った。

 完全アウェーの雰囲気にも「最初は圧倒されたけど、楽しんでできました」と笑顔。スーパーラウンドへ向けて「チームの雰囲気がとてもいい。この調子でどんどんやっていきたい」と意気込んだ。

 稲葉監督も「試合ごとに選手の結束力が増している。チームもたくましくなっている」と手応えを示す。2連覇へ向けて、若き侍たちが力強く歩みを進めている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」