野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

残りものには福がある!? 過去10年の“外れ1位”はどれだけ活躍しているか?

10月25日、都内のホテルで、運命のドラフト会議が行われる。今年も、根尾昂や小園海斗などに複数球団が入札し、重複指名となることが確実な情勢となっている。そうなれば、交渉権の行方はクジ引きに委ねられ、クジに外れた球団は「外れ1位」を指名することになる。

2010年に“外れ1位”でヤクルトに入団した山田哲人【写真:荒川祐史】
2010年に“外れ1位”でヤクルトに入団した山田哲人【写真:荒川祐史】

過去10年、“外れ1位”で計55人が指名されている

 10月25日、都内のホテルで、運命のドラフト会議が行われる。今年も、根尾昂や小園海斗などに複数球団が入札し、重複指名となることが確実な情勢となっている。そうなれば、交渉権の行方はクジ引きに委ねられ、クジに外れた球団は「外れ1位」を指名することになる。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 各球団の編成担当がドラフト会議前のシミュレーションで一番頭を悩ませるのは、この「外れ1位」の想定だろう。意中の選手を外した場合、どの選手を指名するか。単純に2位以下で指名予定だった選手を繰り上げるのでは成果としては物足りない。他に抽選を外した選手は一体、どの選手に流れるか。再び競合を覚悟するのか、それとも他球団を出し抜いて指名できるか。スカウトたちの情報戦がモノを言う。その時になってみないと、決まらないケースもあるだろう。

 過去10年で120人の選手がドラフト1位で指名されたが、このうち実に55人が「外れ1位」。ただ、その顔ぶれを見ると「本命は外したが、収穫はあった」といえるケースも多い。12球団別に、過去10年の外れ1位を見ていこう。まずは、パ・リーグから。

〇西武(2人)
2017年 齊藤大将 ×田嶋大樹
2012年 増田達至 ×東浜巨

 西武はくじ運に恵まれ、2009年、2010年と6球団が競合した菊池雄星、大石達也を引き当てた。2012年は東浜を外したが、“外れ1位”で指名した増田はクローザーに成長している。

〇ソフトバンク(4人)
2017年 吉住晴斗 ×清宮幸太郎 ×安田尚憲 ×馬場皐輔
2013年 加治屋蓮 ×松井裕樹 ×杉浦稔大
2010年 山下斐紹 ×斎藤佑樹
2008年 巽真悟 ×大田泰示

 2013年に“外れ外れ1位”で指名された加治屋は今季セットアッパーとして急成長し、チームに不可欠な存在に。2017年はまさかの抽選3連敗で“外れ外れ外れ1位”で吉住を獲得した。

〇日本ハム(4人)
2016年 堀瑞輝 ×田中正義 ×佐々木千隼
2015年 上原健太 ×高橋純平 ×小笠原慎之介
2013年 渡邉諒 ×松井裕樹 ×柿田裕太 ×岩貞祐太
2009年 中村勝 ×菊池雄星

 日本ハムは抽選に強く、ここ10年、清宮、有原、菅野(入団せず)、斎藤と重複指名で4人を引き当てている。その年最もいい選手を指名するという方針のため、重複指名は覚悟の上。そのため、2013年の渡辺は“外れ外れ外れ1位”となった。

〇オリックス(3人)
2012年 松葉貴大 ×藤浪晋太郎 ×松永昂大
2011年 安達了一 ×高橋周平
2010年 後藤駿太 ×大石達也 ×伊志嶺翔大 ×山田哲人

 オリックスは2017年に田嶋を引き当てているものの、2010年には大石、伊志嶺、山田と立て続けに抽選に外れ、後藤駿太は“外れ外れ外れ1位”での指名となった。とはいえ、松葉、足立、後藤といずれも1軍の戦力となっている。

〇ロッテ(4人)
2017年 安田尚憲 ×清宮幸太郎
2016年 佐々木千隼 ×田中正義
2012年 松永昂大 ×藤浪晋太郎
2010年 伊志嶺翔大 ×斎藤佑樹

 2012年に藤浪を外したロッテだが、その“外れ1位”で指名した松永が、いまやチームに不可欠なリリーバーに。2017年、清宮の“外れ1位”として同じ高校生スラッガーの安田を指名。今後の成長に期待だ。

〇楽天(6人)
2017年 近藤弘樹 ×清宮幸太郎 ×村上宗隆
2015年 オコエ瑠偉 ×平沢大河
2011年 武藤好貴 ×藤岡貴裕
2010年 塩見貴洋 ×大石達也
2009年 戸村健次 ×菊池雄星
2008年 藤原紘通 ×野本圭

 楽天は過去10年で6度抽選を外して“外れ1位”を指名している。戸村、塩見とまずまず1軍の戦力となっているものの、やはり1位としては物足りないか。球団創設以来、初めて1位で野手を指名した2015年は平沢を外し、オコエ瑠偉が“外れ1位”だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」