野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

【日本S】ホークス同点! 5回に代打デスパイネの積極策、広島守備陣の乱れで追いつく

広島とソフトバンクが戦う日本シリーズは27日、広島の本拠地マツダスタジアムで第1戦が行われた。広島が初回に2点を先制すると、ソフトバンクの工藤公康監督は5回、千賀の打順で代打・デスパイネを起用。デスパイネの打球が相手守備陣のミスを誘い、同点に追いついた。

ソフトバンクが同点に追いつく
ソフトバンクが同点に追いつく

5回2死二、三塁で、4回2失点の千賀を交代

■広島 – ソフトバンク(27日・マツダスタジアム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 広島とソフトバンクが戦う日本シリーズは27日、広島の本拠地マツダスタジアムで第1戦が行われた。広島が初回に2点を先制すると、ソフトバンクの工藤公康監督は5回、千賀の打順で代打・デスパイネを起用。デスパイネの打球が相手守備陣のミスを誘い、同点に追いついた。

 工藤監督が早々と勝負の一手を打った。2点ビハインドで迎えた5回。先頭の中村晃、続く内川が連打で無死一、三塁のチャンスを作った。西田、甲斐が相次いで内野ゴロに倒れて2死二、三塁となると、4回まで2失点の千賀に打順が。ここで指揮官は代打にデスパイネを送る積極策に出た。

 1ボール2ストライクからの4球目。キューバ人助っ人が放った打球は右腕のすぐ脇を抜けて二遊間へ。あらかじめ深めの守備位置を取っていた名手・菊池がキャッチし、すぐに送球したものの、これを一塁の松山が捕球できず。松山のグラブの下を抜けていったボールがファウルグラウンドを転がる間に二塁走者まで生還。指揮官の積極策が実り、試合を振り出しに戻した。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」