野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

南海ホークス全盛期の立て役者・森下正夫を偲ぶ… 俊足好守で盗塁王&ベストナイン

10月26日に85歳で死去した森下正夫氏は、南海ホークスの黄金時代を支えたスター選手だった。そして、その野球人生は起伏に富んでいた。

森下正夫氏の通算成績
森下正夫氏の通算成績

甲子園での黒星に発奮し、高校を中退して野球に専念

 10月26日に85歳で死去した森下正夫氏は、南海ホークスの黄金時代を支えたスター選手だった。そして、その野球人生は起伏に富んでいた。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 1933年9月4日、福岡県八幡市(現北九州市)生まれ。金田正一、吉田義男と同学年。県立八幡高校時代は屈指の強打者として注目され、チームを1950年の選抜に初出場させた。準々決勝の韮山高校戦は9回まで5-2と勝っていたが、遊撃を守っていた森下が9回裏満塁のピンチでバックホームを大悪投し、サヨナラ負けを喫した。雨天のぬかるみの中での試合だったが、森下はグランドで号泣したという。この悔しさもあって、翌年、高校を中退して南海に入団した。

 当時の南海は、若手選手を南海電鉄グループの南海土建の社員という形で雇用していた。森下らのいた南海土建は都市対抗野球で準優勝。しかし、実質的なプロチームということで社会人野球協会からクレームが付き、南海土建は解散となった。

 森下は、1952年には控え遊撃手として1軍の試合に出場。終戦後の南海は、木塚忠助、蔭山和夫、兼任監督の山本一人(鶴岡一人)、飯田徳治ら駿足好打の野手による「百万ドルの内野陣」で売り出していたが、ライバルの西鉄ライオンズが中西太、豊田泰光らを中心とした大型打線を組んだのに対抗するため、チームの若返りを図った。

 森下はこのチーム方針によって、岡本伊三美、野村克也、広瀬淑功らとともにレギュラーに抜擢された。当初は遊撃手だったが、1954年に二塁にコンバートされ全試合出場してベストナイン、さらに1955年に三塁にコンバートされ59盗塁で盗塁王。全盛期の南海ホークスの切り込み隊長として長く活躍した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」