野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

【日本S】広島が3-0とリード 鷹守備陣の乱れ突き、丸の犠飛&松山適時打

広島とソフトバンクが戦う日本シリーズは28日、広島の本拠地マツダスタジアムで第2戦が行われ、広島が序盤で2点のリードを奪った。第1戦は両チーム一歩も譲らず、延長12回引き分け。1986年以来、32年ぶり史上3度目の第1戦引き分けとなり、この日の第2戦を迎えた。

田中が安打で出塁すると、菊池の二ゴロを川島が悪送球

■広島 – ソフトバンク(28日・マツダスタジアム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 広島とソフトバンクが戦う日本シリーズは28日、広島の本拠地マツダスタジアムで第2戦が行われ、広島が序盤で2点のリードを奪った。第1戦は両チーム一歩も譲らず、延長12回引き分け。1986年以来、32年ぶり史上3度目の第1戦引き分けとなり、この日の第2戦を迎えた。

 ホームの広島がリードを広げた。初回、鈴木の適時内野安打で1点を先制すると、3回に追加点を奪った。先頭の田中が右前安打で出塁。続く菊池は二ゴロだったが、これを処理した川島が二塁へ悪送球し、無死二、三塁となった。

 このチャンスで打席に立った丸は左翼への浅いファウルフライに。フェンス際でデスパイネがキャッチすると、三塁走者の田中は迷うことなくタッチアップ。悠々とホームを陥れて2点目を奪った。さらに2死二塁では、松山が左前への適時打。松山の2試合連続タイムリーで広島は3-0とリードを広げた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」