野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

【日本S】勝利の女神が広島に微笑みかけた瞬間 ジョンソンの圧巻柳田斬り

ソフトバンクにとっては完敗だった。28日、敵地マツダスタジアムで行われた広島との日本シリーズ第2戦。前日の第1戦では総力戦の末に敵地で引き分けに持ち込んだものの、この日は1-5で敗戦。わずか4安打に終わり、敵地でねじ伏せられた。

広島のクリス・ジョンソン【写真:荒川祐史】
広島のクリス・ジョンソン【写真:荒川祐史】

鷹・藤本打撃コーチ「ミーティングでやった以上に良かった」

■広島 5-1 ソフトバンク(28日・マツダスタジアム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクにとっては完敗だった。28日、敵地マツダスタジアムで行われた広島との日本シリーズ第2戦。前日の第1戦では総力戦の末に敵地で引き分けに持ち込んだものの、この日は1-5で敗戦。わずか4安打に終わり、敵地でねじ伏せられた。

 鷹打線の前に立ちはだかったのは、広島の先発ジョンソンだった。立ち上がりから両コーナーを突く左腕のピッチングに、翻弄された。初回、今宮とグラシアルが空振り三振に倒れて3者凡退に終わると、3回まで1人の走者も出せず。6回までわずか1安打に封じ込められた。

 5点差をつけられた7回に、柳田のシリーズ初安打となる中前安打を皮切りに、デスパイネの左前安打、松田の中前適時打で1点を返したものの、反撃はこの1点止まりだった。

 圧巻だったのは、4回、柳田へのジョンソンの攻めだった。先頭の川島が四球、続く今宮がチーム初安打を放ち、1死一、三塁の場面だった。 初球、インコースへの2シームで見逃しのストライクを奪うと、2球目、今度は内角のストライクゾーンからボールゾーンになる2シームで空振りを奪った。

 1球、高めのボールになる見せ球を挟むと、4球目、再び2球目と同じように、ストライクからボールに切れ込んでくる2シーム。柳田にまともなスイングをさせずに空振り三振に仕留めた。寸分の狂いもなくインコースへ投げ込み続けたジョンソンの投球。広島に勝利の女神が微笑みかけた瞬間だった。

 この日のジョンソンに付け入る隙はほとんどなし。試合後、藤本博史打撃コーチは「コース、コースを突いて、いいピッチングをされた。いいピッチャーに、いいところに投げられたら、そうは打てない。(配球等は)ミーティングをやった通りだったが、それ以上にコントロールが良かった」と、ほぼ完璧な投球をしたジョンソンに脱帽するしかなかった。

 これで1分1敗となったソフトバンク。3戦目からは本拠地ヤフオクドームに戻ることになるが、早ければ、第6戦で再びジョンソンと対戦することになる。避けては通れない左腕。2年連続日本一へ、大きな壁となりそうだ。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」