野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【日本S】鷹、左翼デスパイネ不発で敗戦 村松コーチ「一生懸命やったプレー」

ソフトバンクの超攻撃的オーダーは不発に終わった。28日、敵地マツダスタジアムで行われた広島との日本シリーズ第2戦。この日、左翼にデスパイネ、右翼にグラシアルを置く攻撃的オーダーを組んだソフトバンクだったが、不安視されたディフェンスに綻びが出て1-5で敗戦。1分1敗で本拠地ヤフオクドームに戻ることになった。

ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ【写真:藤浦一都】
ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ【写真:藤浦一都】

初回、田中の浅い左飛に追いつけず二塁打に

■広島 5-1 ソフトバンク(28日・マツダスタジアム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクの超攻撃的オーダーは不発に終わった。28日、敵地マツダスタジアムで行われた広島との日本シリーズ第2戦。この日、左翼にデスパイネ、右翼にグラシアルを置く攻撃的オーダーを組んだソフトバンクだったが、不安視されたディフェンスに綻びが出て1-5で敗戦。1分1敗で本拠地ヤフオクドームに戻ることになった。

 初回、先頭の田中を左前への二塁打で出塁させた。打ち取った当たりだったが、左翼に入ったデスパイネのダッシュが間に合わず、不運な安打となった。2死三塁で鈴木の当たりは遊撃への高いバウンドでのゴロとなり、これが適時内野安打になった。

 3回には田中の右前安打と、川島の悪送球で無死二、三塁のピンチを迎えると、ここで丸が放った打球は左翼への浅いファウルフライに。フェンス際でデスパイネがキャッチすると、三塁走者の田中は迷うことなくタッチアップ。悠々と生還を許し、2点目を奪われた。さらに松山の左前適時打で二塁走者の菊池も躊躇なく、本塁を狙った。

 攻撃的にいった結果だが、打線はわずか4安打に終わった。試合後、デスパイネは久々の左翼の守備について「いつも通りだった。キューバにはドームはないから、屋外のほうが慣れている」。多少の守備力の低下に目を瞑ったオーダーが裏目に出る形となったが、工藤公康監督は「初回のアレは普通の外野手でも取れないと思う」と庇い、村松有人外野手守備走塁コーチも「あれは一生懸命やったプレー」としていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」