野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

【日本S】鷹・ミランダ、日本シリーズでも救世主に 第3戦先発「感謝して自分の仕事を」

ソフトバンクのミランダ投手が30日、日本シリーズの本拠地・ヤフオクドーム初戦となる第3戦に先発する。29日に軽めの調整を行ったミランダは「こういうチャンスをいただいたことに感謝したい」と、いつも通りのコメントを残した。

ソフトバンクのアリエル・ミランダ【写真:藤浦一都】
ソフトバンクのアリエル・ミランダ【写真:藤浦一都】

倉野コーチは信頼「いい状態に戻りつつある」

■ソフトバンク – 広島(30日・ヤフオクドーム)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 ソフトバンクのミランダ投手が30日、日本シリーズの本拠地・ヤフオクドーム初戦となる第3戦に先発する。29日に軽めの調整を行ったミランダは「こういうチャンスをいただいたことに感謝したい」と、いつも通りのコメントを残した。

 キューバ出身左腕のミランダが、大事な本拠地初戦のマウンドに上がる。クライマックスシリーズのファイナルステージでは、立ち上がりから西武打線につかまったが、倉野信次投手統括コーチは「ブルペンにも複数回入って、しっかり調整できている。いい状態に戻りつつある」と語る。

 同コーチは「長いイニングを投げてくれれば中継ぎの負担が減るのは確かだが、短いイニングを全力でゼロに抑えるという形に変わりはない。そのためにロング(リリーフ)ができる投手を入れている」と、ミランダについても先発の責任イニングを求めるつもりはない。ミランダ本人も「自分の仕事をするだけ。ここ(ヤフオクドーム)のマウンドは自分に合っていると思う」と特別な気負いはない。

 シーズン後半の救世主となった左腕は、まだ白星がない日本シリーズでも、チームの救世主となってくれるだろうか。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」