野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

【日本S】ソフトバンク打線がついに目覚めた! デスパ3ランなど6回一挙に4得点

ソフトバンク打線が、ついに目を覚ました。30日、本拠地ヤフオクドームでの広島との日本シリーズ第3戦。5回までに4点を奪ってリードしたソフトバンクは6回、デスパイネがこのシリーズでチーム初本塁打となる3ランを放つなど、一挙に4点を追加。リードを5点に広げた。

ソフトバンクが6回、一挙に4点を追加
ソフトバンクが6回、一挙に4点を追加

明石、グラシアルの連打でチャンスを作り、柳田が適時内野安打

■ソフトバンク – 広島(30日・ヤフオクドーム)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 ソフトバンク打線が、ついに目を覚ました。30日、本拠地ヤフオクドームでの広島との日本シリーズ第3戦。5回までに4点を奪ってリードしたソフトバンクは6回、デスパイネがこのシリーズでチーム初本塁打となる3ランを放つなど、一挙に4点を追加。リードを5点に広げた。

 6回に2点を失って1点差に迫られたソフトバンクが6回に再び突き放した。2死から明石が左翼線へポトリと落ちる安打を放つと、続くグラシアルも中前安打で繋ぎ一、三塁に。柳田が放った打球はボテボテのゴロとなったが、柳田の足が勝り三塁適時内野安打に。1点を追加し、2点差とした。

 さらに、デスパイネが岡田から右翼ホームランテラス席へ飛び込む3ラン。このシリーズ3試合目にして、チーム初本塁打が飛び出し、ソフトバンクのリードは5点となった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」