野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

【日本S】3試合連続で“甲斐キャノン”が炸裂 阻止率10割も浮かれず「意識し過ぎも良くない」

ソフトバンクの甲斐拓也捕手が3試合連続で“甲斐キャノン”を炸裂させた。30日、本拠地ヤフオクドームで行われた広島との日本シリーズ第3戦。初回1死一塁で田中の盗塁を完璧な送球で阻止し、先発のミランダを救った。

ソフトバンク・甲斐拓也【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・甲斐拓也【写真:藤浦一都】

初回、田中の盗塁を刺して三振ゲッツーを完成

■ソフトバンク 9-8 広島(30日・ヤフオクドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクの甲斐拓也捕手が3試合連続で“甲斐キャノン”を炸裂させた。30日、本拠地ヤフオクドームで行われた広島との日本シリーズ第3戦。初回1死一塁で田中の盗塁を完璧な送球で阻止し、先発のミランダを救った。

 圧巻のスローイングでまたまた盗塁を阻止した。初回、先発ミランダが、先頭の田中に四球を与えて出塁を許した。2番の菊池は空振り三振に仕留め、1死一塁で打席に丸を迎えた。3ボール2ストライクからの6球目。田中がスタートを切った。

 ミランダが投じたストレートに丸は空振り。投球をキャッチした甲斐は素早いステップから二塁へ完璧な送球。悠々のタイミングで田中を刺して見事に三振ゲッツーを完成させ、試合後は「3ボール2ストライクでしたし、ミランダも良く(クイックとかを)やってくれている。仕掛けてくると思って準備はしているので」と振り返った。

 この日本シリーズ、第1戦では代走・上本を、第2戦では鈴木の盗塁をこの“甲斐キャノン”で阻止していた甲斐。これで3戦連続の盗塁阻止で阻止率は10割だ。今季は両リーグでトップとなる盗塁阻止率.447を記録した強肩捕手は「まだ明日も明後日もある。意識しすぎるのも良くないので、その時に出せればいいと思っています」と語っていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」