野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • LA紙、新人王争いでアンドゥハー称賛も…大谷の「斬新なアクションは見事過ぎ」

LA紙、新人王争いでアンドゥハー称賛も…大谷の「斬新なアクションは見事過ぎ」

MLBも今シーズンの全日程を終え、米メディアは様々な形で今シーズンの総括、地元チームのシーズン回顧と来季へ向けた課題等の特集記事を続々掲載している。二刀流・大谷翔平が所属するエンゼルスの地元紙「オレンジ・カウンティ・レジスター」が、賞形式で独自の視点から今年活躍した選手、期待を裏切った選手を特集した。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

マイコラスは「急成長した選手」部門で選出

 MLBも今シーズンの全日程を終え、米メディアは様々な形で今シーズンの総括、地元チームのシーズン回顧と来季へ向けた課題等の特集記事を続々掲載している。二刀流・大谷翔平が所属するエンゼルスの地元紙「オレンジ・カウンティ・レジスター」が、賞形式で独自の視点から今年活躍した選手、期待を裏切った選手を特集した。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 投手として10試合4勝2敗、防御率3.31.打者として打率.285、22本塁打、61打点を記録した大谷について、同紙は「新人王」の項目で、ライバルのミゲル・アンドゥハー(ヤンキース)とともに扱っている。

 エンゼルスの地元紙だけに熱烈な“大谷推し”かと思いきや、非常に冷静な記述で、「アンドゥハーはア・リーグ2位の二塁打数で、他の主要な4部門ではトップ10に入っている。彼はこの賞に値するものの、ショウヘイ・オオタニが見せた(二刀流という)斬新なアクションは、見事過ぎて認めざるを得なかった」と、どちらにも肩入れせず、両方を称えている。

 例年ならアンドゥハー一択のはずが、大谷の常識破りの二刀流によって議論になっていることを暗示する書き方に。記者投票はすでに終了しているが、ここへ来てニューヨークのメディアが大谷を新人王と予想したり、エンゼルスの地元紙が大谷について抑え気味に記述したりと、お互いに“ほめ殺し”のような状態になっているのが面白いところだ。

 そして、マイコラスは「急成長した選手」部門に選出された。「2014年以降はメジャーリーグのマウンドに立っていなかったが、日本から復帰してカージナルスでプレーし、18勝4敗、防御率2.83の成績を残した」と同紙は紹介。ア・リーグで39セーブをマークし、アスレチックスのワイルドカードゲーム進出の原動力となったクローザー、ブレーク・トライネン(アスレチックス)とともに、今年もっともブレークした選手として認定している。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」