野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

3連勝で王手のホークス、第6戦先発はバンデンハーク「いい流れに乗りたい」

3日の「SBMC日本シリーズ2018」第6戦の予告先発は、ソフトバンクがバンデンハーク、広島はジョンソンと発表された。ソフトバンクは、3勝1分1敗と王手をかけて迎える一戦。第2戦に続き、中5日でマウンドに上がるバンデンハークは、日本一がかかる大一番に向けて準備万端だ。

3日の試合に先発予定のソフトバンク・バンデンハーク【写真:藤浦一都】
3日の試合に先発予定のソフトバンク・バンデンハーク【写真:藤浦一都】

第2戦は敗戦投手も…マツダスタジアムで登板した経験は「もちろんプラス」

■広島 – ソフトバンク(3日・マツダスタジアム)

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 3日の「SBMC日本シリーズ2018」第6戦の予告先発は、ソフトバンクがバンデンハーク、広島はジョンソンと発表された。ソフトバンクは、3勝1分1敗と王手をかけて迎える一戦。第2戦に続き、中5日でマウンドに上がるバンデンハークは、日本一がかかる大一番に向けて準備万端だ。

 第2戦ではエラー絡みの失点など不運も重なり、5回5失点(自責3)で敗戦投手となったが、ストレートは157キロを計測するなどコンディションは良好で「シーズン中も少しずつ良くなっていると言ったが、今はそれを実感している」と語る。

 勝てば日本一という大一番にも「このチームは常に勝つという前提でやっているし、シーズン中でもそのプレッシャーを感じながらやってきた。いい流れに乗って投げられたらいい。前回以上に先のことは考えず、目の前の打者に集中していく」とバンデンハークは話す。

 第2戦にマツダスタジアムで投げた経験は「もちろんプラスになる」とし、同球場の雰囲気について「2年前の交流戦でもすごい声援だと思ったし、素晴らしいファンが野球を楽しんでいる」と語る。寒さについても「外で見ている人と違って僕はマウンドで投げているからね。むしろ過ごしやすいよ」と気にすることもない。また、前回の登板で2本のタイムリーを許した鈴木誠也外野手については「いいバッターだね。打席の中でのアプローチを明確に持っているのが素晴らしい」と褒めた。

 バンデンハークが第2戦のリベンジを果たすことができれば、チームは2年連続日本一に大きく近づく。ソフトバンクの“今年最後の先発投手”になれるよう、全力でカープ打線に向かっていくだけだ。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」