野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【日本S】「勝つ喜びを知ることが大事」―常勝ホークスを作り上げた王貞治の言葉

ソフトバンクが2年連続日本一に王手をかけた。やはりなのか、流石というべきか。本拠地ヤフオクドームで無類の強さを発揮した。

ソフトバンクのリック・バンデンハーク【画像:(C)PLM】
ソフトバンクのリック・バンデンハーク【画像:(C)PLM】

本拠地ヤフオクドームで3連勝、王手をかけて敵地での第6戦へ

 ソフトバンクが2年連続日本一に王手をかけた。やはりなのか、流石というべきか。本拠地ヤフオクドームで無類の強さを発揮した。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 第3戦は壮絶な打撃戦を制した。ソフトバンクがアルフレド・デスパイネの3ランと高谷裕亮捕手のソロで一時は6点差をつけたものの、広島の猛反撃にヒヤヒヤさせられた。結果は9-8で何とか逃げ切った格好だが、試合を振り返ればソフトバンクは1度もリードを許さずにシリーズ初勝利を手にした。

 工藤公康監督は「最後1点差という中で森(唯斗)くんが投げきってくれた」と称賛。6回以降は6人の投手をつないだ。このリリーフ陣の粘りこそ、ソフトバンクの本来の形である。

 第4戦も3回に上林誠知外野手の2ランで先制して主導権を握ると、先発の東浜巨投手が5回4安打1失点と好投していたが、スパッと継投策に打って出た。残り4イニングをリバン・モイネロ投手、武田翔太投手、嘉弥真新也投手、森投手が無安打リレーを完成させて4-1と快勝してみせた。

 第5戦はまたしても接戦に。延長10回裏、柳田悠岐外野手がバットを折りながらも規格外のパワーで運んだ弾丸ライナーの打球は、右翼ホームランテラスに飛び込むサヨナラ本塁打となった。

「当たったのが先っぽだった。バットが折れたのにホームランなんて初めて。今季、オリックスの吉田正尚が打ったでしょ。京セラ(ドーム)で『ごっついな』ってその話になったけど、自分がまさか。本当打てて良かったです」

 試合途中には右足の脛に自打球を当てて、倒れ込むほどの痛みを覚えた。影響を当然抱えながらのプレーだったが、「そんなこと野球をやってれば何十回だって何百回だってある」と笑い飛ばした。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」