野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【日本S】“甲斐キャノン”2イニング連続で炸裂 6連続盗塁阻止でシリーズ新をさらに更新

2度目の“甲斐キャノン”が炸裂した。ソフトバンクの甲斐拓也捕手が、初回、2回と2イニング連続で広島の盗塁を阻止した。3日、敵地マツダスタジアムでの広島との日本シリーズ第6戦。王手をかけて臨んだ一戦で、初回にまたも盗塁を阻止した。

2回、ピンチの場面で甲斐が盗塁阻止、スコアは2回終了時点で0-0
2回、ピンチの場面で甲斐が盗塁阻止、スコアは2回終了時点で0-0

2回2死一、三塁でスタートを切った安部を悠々と刺す

■広島 – ソフトバンク(3日・マツダスタジアム)

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 2度目の“甲斐キャノン”が炸裂した。ソフトバンクの甲斐拓也捕手が、初回、2回と2イニング連続で広島の盗塁を阻止した。3日、敵地マツダスタジアムでの広島との日本シリーズ第6戦。王手をかけて臨んだ一戦で、初回にまたも盗塁を阻止した。

 初回、先頭の田中がバンデンハークから左前安打で出塁。続く菊池が送りバントに失敗して、走者を進められず。続く丸に対しての1ボール1ストライクからの3球目に、田中がスタート。チェンジアップをキャッチした甲斐が素早く送球。審判の判定はセーフだったものの、工藤公康監督のリクエストによるリプレー検証で判定が覆り、5連続盗塁阻止のシリーズ新記録を樹立した。

 さらに2回。先頭の鈴木の中前安打、松山の四球、安部の一ゴロ、野間の空振り三振で2死一、三塁。打者の石原が2ストライクからの3球目に安部がスタート。甲斐が二塁へ送った送球はストライク送球となり、悠々と阻止。これで6連続盗塁阻止となった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」