野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【日本S】勝てば日本一の鷹が執念の先制! 内川2戦連続犠打→西田スクイズ

2年連続9度目の日本一に王手をかけるソフトバンクが、先制点を奪い取った。3日、敵地マツダスタジアムで行われた広島との日本シリーズ第6戦。

ソフトバンクは4回、西田のスクイズで先制点を奪った
ソフトバンクは4回、西田のスクイズで先制点を奪った

第5戦で8年ぶりとなる送りバントを決めた内川

■広島 – ソフトバンク(3日・マツダスタジアム)

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 2年連続9度目の日本一に王手をかけるソフトバンクが、先制点を奪い取った。3日、敵地マツダスタジアムで行われた広島との日本シリーズ第6戦。4回無死一、二塁から内川が2試合連続となる送りバントを決めると、さらに西田がスクイズ。ベンチの執念の采配で欲しかった先制点を奪い取った。

 この回先頭の柳田が四球で出塁し、続く中村晃が左前安打。無死一、二塁で内川が打席に立つと、ソフトバンクベンチはまたしても犠打を選択した。第5戦で8年ぶりに送りバントをしていた内川は、この日も2球目をきっちり一塁前へ。絶妙なバントを決めて走者を進めた。

 第5戦では得点に繋がらなかった内川の犠打だが、この日は先制点を生んだ。続く西田が1ストライクからの2球目にスクイズ。投前に転がし、見事に先制点を奪った。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」