野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 残留のカーショー、復活の鍵はチェンジアップも…「36歳になってから」!?

残留のカーショー、復活の鍵はチェンジアップも…「36歳になってから」!?

ドジャースは2日(日本時間3日)、クレイトン・カーショー投手との3年契約に合意したと発表した。年俸総額は9300万ドル(約105億3000万円)にインセンティブ(出来高)が付いており、最大で総額1億950万ドル(約124億円)に達する。

ドジャースのクレイトン・カーショー【写真:Getty Images】
ドジャースのクレイトン・カーショー【写真:Getty Images】

敵地元紙が復権のポイントを指摘「直球の球速が落ちた時にチェンジアップに…」

 ドジャースは2日(日本時間3日)、クレイトン・カーショー投手との3年契約に合意したと発表した。年俸総額は9300万ドル(約105億3000万円)にインセンティブ(出来高)が付いており、最大で総額1億950万ドル(約124億円)に達する。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 11、13、14年とサイ・ヤング賞を獲得し、14年にはナ・リーグMVPを受賞。通算153勝を挙げるなど圧倒的な実績を誇るが、ここ数年は腰の故障などで球速の低下、故障者リスト入りするなど衰えを指摘されている。まだ30歳のエース左腕の復権の鍵を握るものは何なのか。同地区のパドレスの地元紙「サンディエゴ・トリビューン」はチェンジアップの向上をポイントに挙げている。

 年齢を重ねることで速球を武器とする多くの投手は”モデルチェンジ”を迫られる。レッドソックスなどで3度のサイヤング賞を受賞したペドロ・マルティネスも、そうだった。かつては160キロに迫る剛速球を武器としていたが、度重なる故障で球速は140キロ台に低下。それでも、カーブ、チェンジアップなどを抜群の制球力で操ることで通算219勝を挙げた。同紙は「マルティネスはキャリア終盤に直球の球速が落ちた時、チェンジアップに頼ることで打者に打たれないようにした」と指摘。さらに、カーショーは「ペドロ・マルティネスの道をたどることができるかもしれない」としている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」