野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 三塁打の速さで見るパのスピード王5傑 フレッシュな顔ぶれを抑えた最速王は?

三塁打の速さで見るパのスピード王5傑 フレッシュな顔ぶれを抑えた最速王は?

野球の試合で三塁打を目撃できる機会は決して多くはない。もし、スタジアムで見ることができたなら大変貴重だ。一塁を回った打者走者が「よし、三塁打だ!」と加速し、トップスピードに乗って二塁ベースを勢いよく蹴り上げて、一気に三塁を目指すロングラン。そのスピードと高揚感は、一度味わったら病みつきになるに違いない。

ソフトバンク・牧原大成【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・牧原大成【写真:藤浦一都】

4、5位にはルーキー2選手が堂々のランクイン

 野球の試合で三塁打を目撃できる機会は決して多くはない。もし、スタジアムで見ることができたなら大変貴重だ。一塁を回った打者走者が「よし、三塁打だ!」と加速し、トップスピードに乗って二塁ベースを勢いよく蹴り上げて、一気に三塁を目指すロングラン。そのスピードと高揚感は、一度味わったら病みつきになるに違いない。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 そんな魅力あふれる三塁打を放ち、パ・リーグトップ5の三塁到達タイムを記録した選手たちを紹介していこう。

 まず、5位に入ったのは、オリックスのルーキー福田周平内野手。文字通り、三塁ベースを手中に収めるようなヘッドスライディングでもぎとったタイムは、10秒90だった。

 ここで三塁打のタイム検証の考え方について触れておくと、「11秒を切るかどうか?」が1つの基準になる。プロは身体能力の高い選手が揃っているため11秒台は決して珍しくないが、10秒台はなかなか出るタイムではない。足に磨きをかけたスペシャリストだけが到達できる“聖域”とも言えるだろう。

 昨季ドラフト3位の福田は社会人出身の即戦力として期待され、1桁の背番号「4」を与えられたが、10秒台の聖域タイムを記録したことにより、そのスピードがトップクラスであることが改めて証明された形だ。

 身長169センチ。小柄でバットを短く持って打席に入るため、小技を効かせることが武器だと思われがちだが、実は思い切りのいいバッティングも魅力。三塁打が出るのも、鋭い打球を放って外野の間を抜くが故の結果だ。

 三塁打は新人に出やすいのか? 福田に続く4位にランクインしたのが、10秒89を記録した新人・山崎剛内野手(楽天)だという結果を見ると、ついそう思わざるを得ない。

 山崎は肩幅の広いガッチリした体型で、大変失礼ながら、一見すると俊足とは思えないだろう。だが、一度走り出すと重戦車が突進するようなスピードを誇る。野球選手というよりは、まるでラガーマンのような走りっぷりだ。

 國學院大時代からシュアな打撃と俊足を武器に活躍しており、その期待に沿う形で今季途中から1軍デビュー。山崎がスタメンに定着したのは9月のことだった。来年も迫力ある激走を披露して、走れる選手であることをアピールしていきたい。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」