野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • メジャーGG賞発表 ナ一塁手は史上4度目の同時受賞 トラウト初受賞ならず

メジャーGG賞発表 ナ一塁手は史上4度目の同時受賞 トラウト初受賞ならず

MLBで卓越した守備を見せた選手に贈られる「2018ローリングス・ゴールドグラブ賞」が4日(日本時間5日)、発表された。

ともにGG賞を受賞したRソックスのベッツ(左)とブラッドリーJr.【写真:Getty Images】
ともにGG賞を受賞したRソックスのベッツ(左)とブラッドリーJr.【写真:Getty Images】

6選手が初、田中は日本人投手初受賞ならず

 MLBで卓越した守備を見せた選手に贈られる「2018ローリングス・ゴールドグラブ賞」が4日(日本時間5日)、発表された。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 最終候補に残った田中将大(ヤンキース)の日本人投手初受賞なるかに注目が集まったが、ア・リーグ投手部門はダラス・カイケル(アストロズ)が2年ぶり4回目の受賞。一塁マット・オルソン、三塁マット・チャップマンとアスレチックス勢が初受賞したほか、リーグ優勝決定シリーズでMVPに輝いたジャッキー・ブラッドリーJr.(レッドソックス)も初めての受賞となった。一方、マイク・トラウト(エンゼルス)の初受賞はならなかった。

 ナ・リーグ投手部門では、同賞の常連ザック・グリンキー(ダイヤモンドバックス)が5年連続5回目の受賞。また、一塁手部門ではアンソニー・リゾ(カブス)、フレディ・フリーマン(ブレーブス)の2人が同時受賞という史上4度目の珍しい結果になった。ナ・リーグでは、2007年に外野手が3人ではなく4人選出されて以来となる。初受賞はフリーマン、遊撃部門のニック・アーメド(ダイヤモンドバックス)、左翼部門のコーリー・ディッカーソン(パイレーツ)の3人だった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」